Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LICKS TOUR AUGUST 2002

Mick Jagger (voc, gtr, harm, perc)/Keith Richards (gtr, voc)/Ronnie Wood (gtr, pedal steel)/
Charlie Watts (dr)/Darryl Jones (bass, bvoc)/Bobby Keys (tsax)/Chuck Leavell (keyb, bvoc)/
Lisa Fischer (bvoc, perc)/Bernard Fowler (bvoc, perc, keyb)/Blondie Chaplin (bvoc, gtr, perc)/
The New West Horns [Tim Ries (sax, keyb)/Michael Davis (tb)/Kent Smith (tp)] (brass)

Canada Parais Royale Ball Room, Toronto, Ontario, Canada, August 16, 2002
It's Only Rock'n Roll/Sad Sad Sad/If You Can't Rock Me/Stray Cat Blues/Hot Stuff/Don't Stop/
Honky Tonk Women/Torn and Frayed/Wild Horses/Happy/I Can't Turn You Loose/Heart Of
Stone/Can't You Hear Me Knocking/Jumpin' Jack Flash/Brown Sugar

VGP-319 Palais Royale (Exile) front
Can't You Hear Me Knocking (VGP-319) (Soundboard) 1CD /
Palais Royale (EXD-001AB) 2DVDR
トロント、パレス・ロイヤルでのウォームアップ・ギグを全曲収録。IORR をオープニングに配置、
ライヴでは初めて完奏となる If You Can't Rock Me、26年ぶりの登場 Stray Cat Blues、新曲
の Don't Stop、オーティス・レディングの I Can't Turn You Loose、ソウルフルな Heart Of
Stone、ライヴ初披露となる Can You Hear Me Knocking (ミックのソロパートはなしの短縮版)、
さらには Hot Stuff、Turn & Frayed とレア曲てんこ盛りのセットリストで、リックス・ツアーへの
意気込みが感じられます。ボーナス・トラックは2002年9月3日、ボストン公演初日から SFM を
収録。\(^o^)/

Rock the Palais
Rock The Palais (PHOENIX-03) (Soundboard) 1CD
開演前の歓声にカットがあり、Can You Hear Me Knocking は終了後の余韻が未収録で、JJF
は頭切れです。

RS 16082002
Clubbing In Toronto (RS 16082002) (Soundboard) 1CD
開演前の歓声にカットがあり、Can You Hear Me Knocking は終了後の余韻が未収録で、JJF
は頭切れです。

PGN 007
Rock & Royalty (PGN 007) (Soundboard) 1CDR
開演前の歓声にカットがあり、Can You Hear Me Knocking は終了後の余韻が未収録で、JJF
は頭切れです。一応24bitリマスタードとなっています。

MORPH 23
Hot Stuff@The Palais Royale (MORPH 23) (Soundboard) 1CDR
VGP盤より高域強調の音質です。開演前の歓声にカットがあり、Can You Hear Me Knocking
は終了後の余韻が未収録で、JJF は頭切れです。

RS160802
Fifteen Kicks / A Secret Club Gig (RS160802) (Soundboard) 1CD
VGP盤より低域寄りの音質で迫力があります。開演前の歓声にカットがあり、Can You Hear Me
Knocking は終了後の余韻が収録されていますが、JJF は頭切れです。さらに1曲ごとにフェイド
アウトします。ボーナス・トラックは2002年9月3日、ボストン公演初日から2曲を収録。

Licks 3
Live Licks (Licks 3) (Soundboard) 1CDR
VGP盤より低域寄りの音質で迫力があります。開演前の歓声にカットがあり、Can You Hear Me
Knocking は終了後の余韻が収録されていますが、JJF は頭切れです。さらに1曲ごとにフェイド
アウトし、次の曲は一瞬頭切れになります。

Get Licked Around The World 2002/3 (EXCD-039A/B)
If You Can't Rock Me、Stray Cat Blues、Torn and Frayed、Happy、I Can't Turn You Loose、
Heart Of Stone、JJF、Brown Sugar の8曲を収録。

Touring Band 2002 (G.R. 08/09)
Hot Stuff、Torn & Frayed、Happy、Heart Of Stone の4曲を収録。

Get Licked From The Mixing Desk (PGN 015)
JJF、Brown Sugar の2曲を収録。


Appendix

Last Updated

January 21, 2011 %

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。